【平成21年に亡くなった葛飾ゆかりの作家・栗本薫さんの関連資料を中央図書館で展示しています】

【平成21年に亡くなった葛飾ゆかりの作家・栗本薫さんの関連資料を中央図書館で展示しています】
未発表となっていたことが明らかになった「ラザロの旅」(中島梓名義、江戸川乱歩賞の受賞直前に執筆)の自筆原稿や、本人が愛用した万年筆、サイン入り本などが展示されています。ぜひこの機会に中央図書館へお越しください(*^_^*)
http://www.lib.city.katsushika.lg.jp/libguide_0001guide.html

《栗本薫さんと葛飾区》
葛飾区青戸出身の作家です。評論、SF、ファンタジー、ホラー、ミステリー、時代・伝奇小説など幅広い分野で、「栗本薫」と「中島梓」という二つのペンネームを使い分けながら、膨大な著作を執筆しました。代表作は「グイン・サーガ」、「魔界水滸伝」、「伊集院大介」の各シリーズなど。自筆原稿など約25,000枚(2014年7月現在)がご遺族より区へ寄贈されました。
(栗本さんの関連資料はかつしかデジタルライブラリーからも一部閲覧できます。)
http://www.lib.city.katsushika.lg.jp/area/dc_kk_na.shtml#path
#葛飾 #katsushika #栗本薫 #ラザロの旅